勃起しないことでの問題

勃起不全になってしまうと多くの事に問題が起こります。
男性特有の症状ですが、まず勃起しないことに対して不満を感じてストレスになてしまったり、勃起を持続できないことで、女性とのセックスが上手くいかなくなってしまい自信を無くしてしまったり、ペニスは男性の象徴でもあるので機能をしなければ男性のプライドを大きく傷つけてしまいます。
一方の女性は、自分に魅力がないと感じてしまったり、男性が自分に対して愛情がないと感じてしまったり、満足に性的な欲求を満たすことができないので、ストレスになってしまったりします。
性行為が大切な事と同時に男性機能の低下はお互いにとっていい結果にはなりません。
勃起は性的刺激を受けたり、興奮が高まることによって起こる生理現象です。
ではなぜ、勃起ができなくなるかというと、自律神経に問題を抱えてるケースがあります。
勃起は自律神経の中でも副交感神経が関係していると言われ、この神経を通して脳で感じた刺激や興奮をペニスに送ります。
それによって信号を受けたペニスに血流があるまり、充血した状態になるので硬く、太くなり十分に勃起することができます。
なので副交感神経の働きに問題がある場合には勃起不全になってしまうことがあります。
あるいは、勃起するときに血管拡張作用のある物質であるサイクリックGMPが大量に分泌されますが、このサイクリックGMPは酵素によって分解されやすく、PDE5酵素によって分解されてしまうと十分な勃起をすることができなくなってしまいます。
酵素の働きを阻害するには、PDE5阻害剤を使用することにより勃起ができるようになります。
レビトラというクスリです。
レビトラとはPDE5阻害剤の一種であり、ED治療薬です。
即効性に特徴があり、服用してから15分ほどで効果を実感することができます。
一気に血流がよくなるので、頭痛や顔がほてったり、目の充血がでることがありますが、クスリが効いてきたと考えてもらって問題ありません。
ED治療薬の中でも最も即効性が高いクスリなので急な時にも活躍してくれます。
また勃起もしっかりと出来るので効果もしっかりとあります。
勃起にしないや中折れなどの勃起力に自信のない方は試してみてください。